So-net無料ブログ作成
民放キー局完全制覇の“日替わりマツコ ブログトップ

民放キー局完全制覇の“日替わりマツコ”誰もが一緒に仕事をしたがる理由とは? [民放キー局完全制覇の“日替わりマツコ]

民放キー局完全制覇の
“日替わりマツコ”誰もが一緒に
仕事をしたがる理由とは?

マツコ・デラックス6.GIF
テレビ東京系「無理矢理、マツコ。」の収録を
行ったマツコ・デラックス

180センチ、140キロの巨体が
マイクを手に迫ってくる迫力は、
さすがに凄まじかった。

タレントのマツコ・デラックス(45)が
19日から6月10日までテレビ東京の
特別番組5つに立て続けに出演する
「無理矢理、マツコ。
テレ東に無理矢理やらされちゃったのよ~」
の取材会がこのほど、
東京・天王洲スタジオで行われた。

この日収録されたのは、
5番組のうちの一つ、
クイズ形式の番組
「マツコがマネーをあげたいクイズ」
(22日・深夜0時12分放送)。

番組スタッフが街で見つけてきた
素人親子、山田勝巳(52)率いる
「SASUKE軍団」、
女優・有村架純(25)の姉で
タレントの有村藍里(27)の
3組を相手にたっぷり
「共演者いじり」の妙技を
見せつけたマツコは、
3時間に及んだ収録後、
待ち構えた約30人の
記者の前に現れた。

「みんな、テレ東のことを勝手に
すごく良く思ってるのよ。
『池の水抜く』とかさ~」と、
まずはプロデューサーを
横目に毒舌全開。

今回が2011年1月以来、
7年ぶりのテレ東の番組出演。

現在、月曜の
「月曜から夜ふかし」から
土曜日の「マツコ会議」まで
民放キー局の番組プラス
東京MX「5時に夢中!」の
計8番組にレギュラー出演中。

見ない曜日がない超売れっ子は、
長時間収録の疲れも見せず、
「ユルいのじゃなく、
激し目な質問ちょうだい!」
とシャウト。

「こっちから行くから!」と、
質問した記者にマイク片手に
突進するサービス精神を見せつけた。


「(番組収録での)1回の出会いと
いうのを大事にしたかったんですよ。

いつか、私は誰かに刺されるの。

1個の番組を作り上げるのに、
ああでもない、こうでもないと、
スタッフとケンカしながら
作り上げているわけですから。

人任せでやれないタイプなのね」
という言葉に記者魂がうずいた。

だから、どうしても聞きたくなった。

「画面で見ない日はない
“日替わりマツコ”状態だが、
体は保つのか?」―。

そう聞こうとした頭の中には、
現在のマツコ同様、
鋭いテレビ批評、
いや文化批評で時代の
寵児となったものの、
2002年、39歳で
虚血性心不全のため急死した
消しゴム版画家でコラムニストの
ナンシー関さんの存在があった。

マツコ同様、巨体で有名だった
ナンシーさんも時代に消費され、
過剰な仕事ぶりで命をすり減らした―。

ナンシーさんのファンだった私は、
勝手にそう思っている。

もともとは編集者だったマツコも、
横田増生さんの
著書「評伝ナンシー関」の帯に

「アタシ、こんなにも命を
すりへらして仕事できないな」と、
共感を覚える文章を寄せていたのを
覚えている。

だからこそ、
「ハードスケジュールの中、
体調面は大丈夫なのか?」―。

この質問だけはしたかった。

しかし、相手は1枚も2枚も上手だった。

「報知の中村です」と名乗ったとたん、
「報知新聞はダメです」とピシャリ。

ニヤリと笑った後、
「じゃあ、いいわよ。聞いても」
と言われたので真剣に質問すると、
「そこで
『今年のジャイアンツはどうですか?』
って聞くのよ。

報知なのに、なんで分からないのよ」
とイジられた後、
「そういう仕事じゃないよね、ごめんね」
と一言。

やっと、
「私、テレビ以外の仕事してないから。
結構、そんなにハードじゃないよ。

ほら、グラビアの女の事務所と
かだとイベントとかいっぱい
やらなきゃいけないけど、
ウチは地味~な会社なんで。

テレビの仕事だけやってるだけだから。

そんなにハードじゃないのよ」。

こちらの聞きたかったことを、
きちんと答えてくれた。

図に乗って、
「今日の収録を見ると、
ものすごいテンションで現場を
盛り上げているから
(疲れないのかなと思って)…」と、
さらに聞くと、
「バカにしてんの?」と
周囲を爆笑させた後、
「やっぱり、報知って、
こういうやり口なの? 

私が原(辰徳)監督の
親戚だったら、
こんな扱いじゃないのか?」
と一同爆笑のコメント。

こちらの社名をイジって、
会見を盛り上げてくれた。

それでも、最後には
「ありがとう、ありがとう」と
頭を下げる人に対する丁寧さ。

そして、奥深いサービス精神。

各テレビ局の作り手の誰もが
一緒に仕事をしたがる理由が
分かったと同時に1週間に
8つの番組を自らのトークで
回し続けるテレビ業界の
モンスターの手の平の上で
転がされた―。

「お疲れ様でした~、
こんな僻地まで。いやよね、
テレ東って」と最後まで毒を
吐きながら引き上げていく
大きな背中を見ながら、
そう思った。

でも、それは、全然いやじゃない、
とても幸せな時間だった。
(記者コラム・中村 健吾)

◆マツコ・デラックスの現在のレギュラー番組

 ▽日本テレビ
 「月曜から夜ふかし」
(月曜・後11時59分)
 「マツコ会議」
(土曜・午後11時)

 ▽テレビ朝日
 「マツコ有吉 かりそめ天国」
(水曜・後11時15分)
 「夜の巷を徘徊する」
(木曜・深夜0時15分)

 ▽TBS
 「マツコの知らない世界」
(火曜・後9時)

 ▽フジテレビ
 「ホンマでっか!?TV」
(水曜・後9時)=パネラー
 「アウト×デラックス」
(木曜・後11時)

 ▽東京MXテレビ
 「5時に夢中!」
(月曜・後5時)=コメンテーター



スポーツ報知 5/13(日) 11:02配信

最終更新:5/13(日) 14:21


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000316-sph-ent

⇩⇩⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。






nice!(0)  コメント(0) 
民放キー局完全制覇の“日替わりマツコ ブログトップ