So-net無料ブログ作成
西島秀俊&佐々木蔵之介に危機迫る ブログトップ

西島秀俊&佐々木蔵之介に危機迫る!実写映画化「空母いぶき」白熱の場面写真お披露目 [西島秀俊&佐々木蔵之介に危機迫る]

西島秀俊&佐々木蔵之介に危機迫る!
実写映画化「空母いぶき」
白熱の場面写真お披露目

西島秀俊&佐々木蔵之介.GIF
西島秀俊&佐々木蔵之介 (C)かわぐちかいじ・
惠谷治・小学館/ 「空母いぶき」フィルムパートナーズ

かわぐちかいじ氏による
人気漫画を西島秀俊主演、
佐々木蔵之介共演で
実写映画化する
「空母いぶき」の場面写真が、
このほど初披露された。

防衛大学校時代の同期で
ありながら、真逆の信念を
持つ秋津竜太(西島)と
新波歳也(佐々木)が、
国家の非常事態に立ち向かう
模様をとらえている。

2014年から「ビッグコミック」
(小学館刊)で連載を開始し、
第63回小学館漫画賞一般向け
部門を受賞したほか、
累計発行部数300万部を
突破した同名漫画を映画化。

世界が再び「空母の時代」へと
突入した20XX年、
日本の最南端沖で、
国籍不明の漁船20隻が
突然発砲、波留間群島の
一部が占領され、
海保隊員が拘束された。


未曾有の緊張が走るなか、
政府は戦後初の
航空機搭載護衛艦「いぶき」を
中心とする護衛群艦隊を
現場に向かわせる。

空がうっすらと白み始めた
午前6時23分、日本は、
かつて経験したことのない
1日を迎えることになる。


場面写真は、
大型ディスプレイや
レーダーがズラリと囲む、
いぶき内の戦闘指揮所での
シーンを切り取った。

西島秀俊&佐々木蔵之介-1.GIF

異色の経歴ながらいぶきの
初代艦長に抜てきされた秋津と、
本来なら自身が就くはずだった
艦長の座を逃した新波が、
険しい顔つきで並び立つ。

平和のためには武力行使も
辞さない秋津と、
あくまで防衛に徹することを
貫く新波。

「ホワイトアウト」

「沈まぬ太陽」

「柘榴坂の仇討」などで
知られる若松節朗監督が、

切迫した状況下で
繰り広げられる
ギリギリの攻防、

男たちの骨太な
人間ドラマを紡いでいく。

撮影現場でインタビューに
応じた西島は、
「秋津は常人にははかり
知れない部分を持った
人物なので、一つのことが
起きたときの周りとの
リアクションの違いと
いうものが、かなり大きく
出ていると思います」と
コメント。


一方で
「ただ、誰にも見えていない
未来を予測して、その瞬間ごとに
次の行動を決めていくという役は、
演じていて思った以上に自由で
楽しくて」とも語り、
「そんな秋津に対して、
新波を演じる蔵之介さんが
人間の気持ちの根っこに
あるものを一手に
引き受けてくださっている
からこそ、僕も安心して
羽ばたくことができる。

そんな2人の人間ドラマを通して、
あらためて戦争のない未来を
考えるきっかけになるような
作品になったら素晴らしいと
思います」と胸中を明かした。

西島秀俊&佐々木蔵之介-2.GIF


佐々木も、
「何よりも“命”というものを
念頭に置いて演じています。

人命救助を第一に考えれば、
今の秋津と新波にとって
艦長と副長という立場の違いは
あまり問題ではないと思うんです。

防大でお互いに切磋琢磨
しながら高め合った
過去があってこそ現在の
2人がいるわけですし、
命を助けたいという思いは
同じであるはずなので」と
役どころの心情に思いを馳せる。


そして
「西島君は常に先を見ていて
物事に動じないところが
秋津らしいと思いますね。

秋津はあまり言葉を発しない分、
新波とともにその目を見ながら
いろいろ想像する楽しみがある」
といい、
「各人の言動に思いを馳せながら、
見終わって映画館の外に出たとき、
平和であることの意味を感じて
もらえたらいいなと思っています」
と呼びかけた。

「空母いぶき」は、2019年に全国公開予定。

映画.com更新日:2018/07/02


https://gunosy.com/articles/aH7L7

⇩⇩⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。




nice!(0)  コメント(0) 
西島秀俊&佐々木蔵之介に危機迫る ブログトップ