So-net無料ブログ作成
福士蒼汰「イケメン俳優レース」 ブログトップ

福士蒼汰「イケメン俳優レース」で崖っぷち――菅田将暉、松坂桃李との“格差” [福士蒼汰「イケメン俳優レース」]

福士蒼汰「イケメン俳優レース」で崖っぷち――
菅田将暉、松坂桃李との“格差”

福士蒼汰「イケメン俳優レース」.GIF
福士蒼汰

主演映画「BLEACH」は公開中だが…

一部の原作ファンからは抗議の声も
上がっていたが、映画「BLEACH」
(佐藤信介監督[47]/ワーナー・
ブラザース映画)は、
7月20日に公開された。

 * * *


もちろん関係者は、
ヒットを期待しているだろう。

お手本はある。


興行収入が約28.5億円とされる
「デスノート」
(金子修介監督[63]/
ワーナー・ブラザース映画/2006年)や、
約30億円の「るろうに剣心」
(大友啓史監督[52]/同/12年)だ。


製作サイドの重圧は想像する
までもないが、興行の浮沈を
握る1人が主役の福士蒼汰(25)で
あることは間違いない。


夏休みシーズンという激烈な
バトルが繰り広げられる公開時期だが、
サイト「映画.com」が
7月23日に更新した
「映画ランキング」
(興行通信社調べ)によると、

【1位】「ジュラシック・ワールド 炎の王国」
(J・A・バヨナ監督[43]/東宝東和)2週目

【2位】「未来のミライ」
(細田守監督[50]/東宝)1週目

【3位】「劇場版ポケットモンスターみんなの物語」
(矢嶋哲生監督[33]/東宝)2週目


【4位】「BLEACH」
(佐藤信介監督/ワーナー・ブラザース映画)1週目


――という結果になった。
善戦か苦戦か、評価は
分かれるかもしれない。


少なくとも前作よりは悪くなさそうだ。

今年3月、春休みシーズンに
公開された福士蒼太の
主演作「曇天に笑う」
(本広克行監督[53]/松竹)は
第1週で10位圏外という
大惨敗だった。

しかし、「デスノート」や
「るろうに剣心」と
比較されると苦しいかもしれない。


関係者によると、
映画「BLEACH」の興行成績とは
関係なく、最近になって
福士蒼汰の“商品価値”を
心配する声が上がっているという。

稀代のイケメン俳優に、
一体、何があったのか。


「身も蓋もない言い方をすれば、
メッキが剥がれてきたんですよ。

福士さんのルックスは
素晴らしいですし、
所属事務所は研音です。

今回の映画版『BLEACH』で、
福士さんの配役を支持する
声もあります。

むしろ『原作とイメージが違いすぎる』と
評判が悪いのは、朽木ルキア役の
杉咲花さん(20)ですね。

ただし彼女も研音です。

原作は久保帯人さん(41)の
コミックで、世界累計の
発行部数は1億2000万部を
超えたとも言われています。

そんなメガヒット作の
実写映画化で、主演2人を
キャスティングさせたわけですから、
研音の力がどれほどなのか
よく分かります」
(関係者)


深夜ドラマに“降格”と
いう厳しい声も

事務所が強大な影響力を行使しても、
当の役者に魅力がなければ
「ゴリ押し」状態となってしまう
のはご存知の通りだ。

「杉咲花さんの悪評で助けられて
いますが、本当は福士さんだって
ミスキャストです。

何しろ原作の主人公は15歳の
高校1年生。25歳の福士さんが
演じるのは無理があります。

観客を納得させられるだけの
魅力や演技力があれば話は別ですが、
はっきり言って、どちらもありません。

同世代のライバルと比べて
みれば明らかでしょう」
(同・関係者)

福士蒼汰は11年に
「仮面ライダーフォーゼ」
(テレビ朝日系)で注目される。

その先輩格である菅田将暉(25)は
09年に「仮面ライダーW」(同)の
主演を務めるが、
昨年に映画「あゝ、荒野」
(岸善幸監督[54]/スターサンズ)で
日本アカデミー賞の主演男優賞に輝いた。


09年は戦隊シリーズでも
「侍戦隊シンケンジャー」
(テレビ朝日系)が
松坂桃李(29)を輩出。


こちらは女性ファンの圧倒的な
支持が続き、17年に助演作の
「彼女がその名を知らない鳥たち」
(白石和彌監督[43]/クロックワークス)

今年は主演作の「娼年」
(三浦大輔監督[42]/
ファントム・フィルム)が
共に話題を呼んだ。

「菅田さん、松坂さんの成長に比べると、
福士さんの出遅れは明らかです。

結局、芸能関係者の間では、
『ストロボ・エッジ』
(廣木隆一監督[64]/東宝/15年)
なら有村架純(25)、
『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』
(三木孝浩監督[43]/同/16年)は
小松菜奈(22)が、ヒットの要因だった
との見方が急速に広まっています。

合わせて福士さんにも
『芝居は下手』という評価も
定着しつつありますから、
今後はテレビドラマもゴールデンの
主役は無理かもしれません。


ヒロインの相手役として
抜擢される可能性は否定しませんが、
深夜ドラマや舞台が主戦場に
なってしまっても不思議は
ないでしょう」
(同・関係者)

本人は真面目で仕事熱心

伸び悩んでいるイケメン俳優は
少なくない。

この関係者によると、
岡田将生(28)、
三浦春馬(28)と
いった名が挙がるという。

「例えば岡田将生さんなら、
決して芝居は下手ではないんです。
でも、なかなかハマる役がない。

おまけにイケメン枠は次から
次へと後輩が出てきますから、
年を重ねるごとに厳しく
なっていきます。

本当に競争の激しい世界ですよ。
だから研音も、福士さんは
抱き合わせで売っていく
しかないでしょう。

唐沢寿明さん(55)や
天海祐希さん(50)の
主演ドラマにセットで
共演するわけです。

実際、映画『イン・ザ・ヒーロー』
(武正晴監督[51]/東映/14年)は
唐沢さんが主演、福士さんが
助演でした。

こういう感じの映画やドラマが
増えるかもしれません」
(同・関係者)


福士本人は非常に真面目で、
仕事熱心なのだという。

それでも停滞してしまうのが、
役者の怖さだ。


「福士さんは英検2級を
持っています。
頭が良いのでしょうし、
そもそも語学が得意な人は
真面目な努力家だと言えます。

しかし、極めて残酷なことに、
演技というものは天賦の才に
よるところも大きいわけです。


福士さんの抱えている問題は
センスの欠如です。

芝居に幅がない。

だからワンパターンでつまらない。

観客に飽きられるのも
早くなってしまう。

この悪循環を、どう断ち切るか、
いよいよ正念場を迎えています」


むしろ脇役で活躍する
浅利陽介(30)や岡山天音(24)の
ほうが、よほど存在感を増している。

観客に飽きられることがないから、
長く仕事を続けられる。

場数を踏めば、
それだけ演技力も伸びる。

こうなると、主役と脇役、
どちらが得なのかも
分からなくなってくる。

そんな福士蒼汰だが、
10月26日に主演映画「旅猫レポート」
(三木康一郎監督[48]/松竹)が
公開される。

こちらは高畑充希(26)と
広瀬アリス(23)が共演と
いうキャスティングだ。

どんな輝きをスクリーンで
示すことができるか、
厳しい「イケメン俳優レース」は続く。


週刊新潮WEB取材班

2018年7月25日 掲載

新潮社




デイリー新潮7/25(水) 7:20配信


最終更新:7/25(水) 12:13



https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180725-00545875-shincho-ent&p=1
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180725-00545875-shincho-ent&p=2


⇩⇩⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。




nice!(1)  コメント(0) 
福士蒼汰「イケメン俳優レース」 ブログトップ