So-net無料ブログ作成
「ぎぼむす」竹野内豊“良一ロス”広がる ブログトップ

「義母と娘のブルース」竹野内豊“良一ロス”広がる…原作者・桜沢鈴さんも感涙「原作無視していいよ!」 [「ぎぼむす」竹野内豊“良一ロス”広がる]

「義母と娘のブルース」
竹野内豊“良一ロス”広がる…
原作者・桜沢鈴さんも感涙
「原作無視していいよ!」

「ぎぼむす」竹野内豊.GIF
「義母と娘のブルース」に出演する竹野内豊

女優の綾瀬はるか(33)が主演を
務めるTBS系連続ドラマ
「義母と娘のブルース」
(火曜後10・00)の
第6話が14日に放送され、
竹野内豊(47)が好演していた
良一の死が描かれた。


視聴者からは、SNSを中心に

「竹野内豊ロス」

「良一ロス」の

声が多くあがった。


原作は桜沢鈴さんの
同名4コマ漫画。

綾瀬演じるバリバリの
キャリアウーマン・亜希子と、
結婚相手・良一の連れ子である
8歳の娘・みゆき(横溝菜帆)と
のほのぼのした日常を描く
心温まる物語で、
ドラマでは義母と娘がともに
成長する10年間を描く。


第6話では、良一との別れが描かれ、
ネットでも

「涙腺崩壊」

「泣ける…」と
大きな反響を呼んだ。

前週の第5話では良一のがんの
病状が快方に向かう“奇跡”と
家族3人の幸せな姿が描かれて
いただけに、視聴者の悲しみも
ひとしお。


原作者の桜沢さんも自身の
ツイッターで、ドラマを
“実況”しながら
「竹野内豊さんの良一さんが
愛しすぎて、原作無視していいよー!!
って思ってたのでけっこう
泣いてしまいました」と
涙ながらにまさかの提案。


「この第6話を見てからまた
第1話を見たら、良一さんの
違う見方が出来てとても
良いかと思います!」と
ファンに呼びかけた。


視聴率でも初回は11・5%
(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で
同枠で大ヒットした新垣結衣(30)
主演の「逃げるは恥だが役に立つ」
(16年10月)の初回視聴率
10・2%を上回る好発進。


今回の第6話では13・9%をマークし、
番組最高を2週連続で更新と絶好調だ。


第2章では、第1話から物語に
登場していた佐藤健演じる
麦田が本格登場。

新たな展開にも注目が集まる。




スポニチアネックス8/15(水) 11:04配信


最終更新:8/15(水) 11:06


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000096-spnannex-ent


⇩⇩⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。





nice!(0)  コメント(0) 
「ぎぼむす」竹野内豊“良一ロス”広がる ブログトップ