So-net無料ブログ作成
西川史子 ブログトップ

西川史子さん 将来は「バレリーナ」と答えると、母は「お医者さんになるんでしょ!」…反発し、夜遊び [西川史子]

西川史子さん
将来は「バレリーナ」と答えると、
母は「お医者さんになるんでしょ!」…
反発し、夜遊び


西川史子3.GIF
西川史子さん(撮影=梅崎正直)


遠慮のない辛口コメントで、
バラエティー番組を中心に
活躍する西川さん。


現在も形成外科で診療をしている
医師ですが、ご自身もつらい病気に
襲われました。

医師の立場から、また、結婚と離婚を
経験した一人の女性として、
今の思いを語っています。

(聞き手・梅崎正直)


「勉強ばかりだとブスになる」と
ミス日本に挑戦

――芸能活動をする前、
医学部生時代に「ミス日本」に
出場されました。
それは、どういったお気持ち
からですか。


医学部の6年生は国家試験を
前に勉強してばっかりなので、
息抜きがしたかった。

それと、学生時代の最後の
思い出を作りたいという
考えもありました。

「勉強ばかりだとブスになっちゃう」
と思っていましたね。


――お父さまが整形外科の開業医。
子どもの頃から、医療の道に
進むことは意識していたのですか。

誰かに
「大人になったら何になりたいの?」
と聞かれ、「バレリーナ」と答えると、
母が「お医者さんになるんでしょ!」。

小3のときに、宝塚歌劇団の舞台を
初めて見て、自分もバレエを
習っていたので、そうしたものに
憧れは持っていました。

でも、母を怒らせたくて、
わざと医師以外の答えを
言っていた面もあります。


文系進学を希望したが…


――他の進路は考えませんでしたか。

高1で進路を決めるときは、
私は出版社に興味があって、
文系に進みたかったのです。

いったん文系を選ぶと、
数学をやらないので、
医学部の受験はできませんよね。

そこで母とけんかになりました。

でも、母はさめざめと泣くし……。

結局、その思いに押されて、
医学部を選びました。

父は何も言いませんでした。

医院の後を継いでほしいと
いう気持ちではなかった
ようですが、私が医師に
なることはうれしかった
みたいです。


タレントの仕事をしながら、
今も形成外科に勤務


西川史子4.GIF
西川史子さん(撮影=梅崎正直)

――ご両親に反発はしませんでしたか。

高校時代からよく夜遊びをして
いましたね。

そのまま友だちの家に泊まって、
翌日帰ったり。

遅く帰るとかえって
バレますから。

大学の頃は、よくディスコに
行きました。

でも、父はそういうことには
意外に厳しくなくて、
「成績が良ければいい」と
いった感じ。

だから、私も勉強はがんばって
いました。

母も、
「若いときは若いときに
しかできないことを」と
いう考えの人で、
うるさくはなかったんです。


――今は、医師であることを
どう思っていますか。

タレントの仕事をしながら、
不定期ですけど、今も形成外科に
勤務しています。

どちらも、自分らしいと
思っています。

私がテレビに出るように
なったのも、医師として
「医療のことを、
一般の人に分かりやすく
伝える役割を担いたい」
という思いからでした。



父は脳梗塞、母は心筋梗塞…
両親が倒れて実感した存在の重さ


――ご両親は今もお元気ですか。

はい。ですが、5年ほど前、
父は脳梗塞、母は心筋梗塞で
相次ぎ倒れました。

都内の病院に入院したので、
その頃は、仕事終わりに
毎日病院に立ち寄る生活でした。


回復して、父は今も白衣を
着て仕事をしています。

ただ、両親が大病をする
経験をした後は、
「今、接していないと、
いつかは会えなくなって
しまうんだな……」と
考えるようになり、
実家に帰る機会も
多くなりましたね。


胃腸炎を我慢…医師だからこそ受診に抵抗が


西川史子5.GIF
西川史子さん(撮影=梅崎正直)

――医師の立場でいらっしゃいますが、
ご自身の健康で悩まれたことは?

2年くらい前に胃腸炎になりました。

すぐに病院に行けばいいんですけど、

医師って病院に行くことに
抵抗があるんです。

まず待合室がにいるのがイヤだし、
不健康なのを他の医師に
怒られるのもイヤ。

私の父も70年くらい
検査を受けたことがなく、
歯が痛くても歯医者さんに
は行かず、自分で抜いたくらいです。

一度受診した後は抵抗も
なくなったのですが、
それまでかなり
我慢してしまいました。

そのころは、
胃腸炎だけでなく、
本当に体調が悪くて
疲れやすくなっていました。

更年期なのか、
老化のせいなのか、
仕事をしていても
自分が元気な感じが
しなかったですね。

心配されても、
「本当に?」なんて
疑ったりして、
人付き合いも後ろ向きに
なっていました。

入院して思ったのは、
やはり
「健康でなければ、
何もできないな」と
いうことですね。



実家の両親のおかげで元気回復

――退院してからはどうですか。

しばらくは、誰かと約束が
できなかったのです。

友人や知人と食事に行っても、
思うように食べられない。

天ぷら屋さんに行っても、
天ぷらが食べられない。

他の料理を出してくれる
のですけど、
「お店の人は不愉快だっただろうな」
と考えてしまう。

みんながワインのときに、
私はお茶。

そうなると、出かけることに
消極的になりました。



――それは苦しかったですね。今は?

やっと、美味(おい)しいものを
食べられるようになりました。

実は、体調が悪いとき、
できるだけ実家に帰るように
していたのです。

一人だと、どうしても朝食を
抜いたり、外食ばかりに
なってしまいます。


それが、実家にいると
朝、昼、晩としっかり
食べることになりますし、

母と一緒に自分で
料理をする気になります。

思えば、両親のおかげで
元気になった面も大きいです。



大切な愛犬、さんまさんが
付けた名前は「しのぶ」

西川史子6.GIF
西川史子さん(撮影=梅崎正直)

――オフのときはどう過ごしていますか。

最近、ヨガを始めました。

私は通うのでは続かないので、
週1回くらいトレーナーに
自宅へ来てもらいます。

「今日は気が進まないな」と
思っても、キャンセルの
電話をするのも面倒で、
トレーナーさんは来てしまう。

で、やってみると気持ちがいい。

だから、自然と続くんですよ。

それと、もう一つの楽しみは、
愛犬との時間です。


――いつから飼われているんですか。

2匹いて、どちらも2歳くらい。

トイプードルの女の子です。

実は、その前に飼っていた
犬を亡くして、
ひどいペットロスに陥りました。

そういう気持ちになるとは
思わなかったのですが、

「あのとき、こうしていたら……」
と後悔し、自分を責めるんですね。

そんなときにわが家に来た
2匹が、今も私を支えて
くれています。

名前は「ココ」と「しのぶ」。

「ココ」は、ココ・シャネルのココ。


「しのぶ」は(明石家)さんまさんが
名付けてくれました。

「強くなる」のだそうです(笑)。


離婚後、女友達と行った旅は楽しかった


――47歳。人生100歳時代ですから、
ちょうど人生の折り返し地点ですね。
これからの人生に望んでいることは?

数年前に、人生観が変わる
出来事がありました。

「離婚」です。

それまでの私は、頑張れば
何でもできると思っていました。

できないのは、努力が足りないのだと。

そんな私にとって、
離婚は大きな挫折でした。

人生には努力しても
ダメなときもある。

頑張った分だけ結果が返ってくる
わけではない。

仕事でも、とくに人間関係では
そうですよね。そのことを、
改めて思い知りました。

それからは、意外に気持ちが軽くなり、
人生が楽しめるようになってきました。

元夫と一緒に行ったロスは
気を使って疲れたけれど、
その後に女友達と大人数で
旅したロスは本当に楽しかった。

余計な力が抜けて、
自分の人生を楽しめるように
なったのかな、と思います。



――今思えば、離婚もいい経験だったと?

そうですね。そのときは本当に
つらかったけれど……。

これからは、医師としての勉強を
続けたいし、最初の思いのように、
医療の難しいことをやさしく
伝えていく活動をしたいと
思っています。

それが本の執筆なのか、
講演活動なのかは
わかりませんが。


それと、私の大好きな
「趣味」であるタレント活動も
大事にしていきたいと思っています。


にしかわ・あやこ

1971年生まれ。相模原市出身。
聖マリアンナ医大に在学中の96年、
「ミス日本」のコンテストに出場し、
フォトジェニック賞に選ばれる。

同年、医師国家試験に合格。

医師の仕事と並行し、
バラエティー番組などで活躍。

現在、TBS系「サンデージャポン」
などにレギュラー出演している。



読売新聞(ヨミドクター)8/25(土) 7:13配信


最終更新:8/25(土) 7:13



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00010000-yomidr-ent&p=1
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00010000-yomidr-ent&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00010000-yomidr-ent&p=3


⇩⇩⇩⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。




nice!(0)  コメント(0) 
西川史子 ブログトップ