So-net無料ブログ作成
香取慎吾のショップに行ってみた ブログトップ

香取慎吾のショップに行ってみた 帝国ホテルに大行列が… [香取慎吾のショップに行ってみた]

香取慎吾のショップに行ってみた
帝国ホテルに大行列が…

香取慎吾のショップ.GIF
レジ待ちの行列(右上)香港のストリートアート
(右下・提供写真)/(C)日刊ゲンダイ

えっ! 入店まで1時間待ちとは
驚いた。

元SMAPの香取慎吾(41)が
立ち上げたオリジナルブランド
「ヤンチェ オンテンバール」
なる洋服店。


帝国ホテルプラザ
(東京・千代田区)内に
唯一店舗を構え、オープン翌日
(26日)の各スポーツ紙には
“提灯記事”が並んでいたが、

週明けの平日、日刊ゲンダイ記者が
店を訪れてみると、本当に客で
ゴッタ返しているからビックリだ。


入店を待つ列は、店先と
共有スペースにある階段と
二手に分かれ、黒服のスタッフが
複数人で誘導しているではないか。


■1着15万円!

シャネルやエスカーダ、
アクリスといった
高級ブランドと軒を並べる
堂々たる店構え。


一度では覚えられない店名は、
オランダ語でやんちゃ坊主
(ヤンチェ)とおてんば娘
(オンテンバール)を
掛け合わせた造語なんだとか。


モード界のカリスマで
「実際に実力のある大御所」
(ファッション誌編集者)
だというスタイリストの
祐真朋樹氏(53)と
タッグを組み、
衣服だけではない本格志向の
オリジナル商品を売り出して
いくという。


目玉商品のコートは過去には
バーバリーをライセンス販売
していた三陽商会が手がけ、
帽子は麻生財務相御用達の
ボルサリーノ、コスメ類は
CMキャラクターを務める
アンファーが共同企画・開発に
携わるこだわりよう。


タレントの余技やママゴトではない、
しっかりと戦略が練られた
本気のビジネスを感じさせるのだ。


戦略の読みが当たったのか、
賑やかしではなく購入者の
多いこと。


店内に入ってもまたさらに
30分は並ぶであろう
レジ待ちの列ができていた。


しかも、最低価格のハンドタオル
(1404円)が売れているのではない。

1着10万~15万円以上する
コートが飛ぶように売れていた。


■香港でもストリートアート

「これ着てどこに行くのかって? 
この店に来るぐらいしか
ないんだけれど」とは、
香取ファンの50代女性。

コート一点狙いで
へそくりを貯めていたという。


もっか予約受注で
10%オフとはいえ、
決して安い買い物ではない。


おまけに、
香取のファンの
中年女性らと、
ファッショニスタと
呼ばれる見るからに
オシャレに敏感な若者が
同じ柄の同じコートに
袖を通し、大きな鏡に
並んでああだこうだと
試着する“珍現象”……。


ルーブル美術館のお膝元で
個展を開いたり、香港島で
ストリートアート
(写真・右下)を
描くなど美術界で
旋風を巻き起こしている香取。


ファッション界の常識をも覆すのか。



日刊ゲンダイDIGITAL8/29(水) 9:26配信


最終更新:8/29(水) 9:26


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00000006-nkgendai-ent


⇩⇩⇩⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。




nice!(1)  コメント(0) 
香取慎吾のショップに行ってみた ブログトップ