So-net無料ブログ作成
錦織、全米2年ぶり16強! ブログトップ

錦織圭、全米2年ぶり16強!3時間超の激闘制した 大坂快勝に刺激「2人で上まで」 [錦織、全米2年ぶり16強!]

錦織圭、全米2年ぶり16強!
3時間超の激闘制した 
大坂快勝に刺激「2人で上まで」


錦織、全米2年ぶり16強.GIF
男子シングルス3回戦でリターンをする錦織(AP)

◇テニス全米オープン第6日
(2018年9月1日 
ニューヨーク・ビリー・ジーン・
キング・ナショナル・テニスセンター)

全米オープンの男子シングルス3回戦が
行われ、世界19位で第21シードの
錦織圭(28=日清食品)は同13位で
第13シードの
ディエゴ・シュウォーツマン
(26=アルゼンチン)と対戦し、
6―4、
6―4、
5―7、
6―1
で勝ち、2年ぶりの16強進出を
決めた。

4回戦では世界34位の
フィリップ・コールシュライバー
(34=ドイツ)と対戦する。


第1セットは
シュウォーツマンのサーブで始まり、
いきなり3ゲームを連取するスタート。


錦織も第4ゲーム以降反撃し、
第7、9ゲームをブレークして
5ゲーム連取で6―4で
第1セットを先取した。


第2セットは第5ゲームで
ブレーク直後にブレークバック
される一進一退の攻防となったが、
シュウォーツマンにミスが出て
第9ゲームをブレーク。


そのまま押し切り、
第2セットも6―4で連取した。


第3セットでは先に
ブレークを許した錦織だったが、
第7ゲームの勝負どころで
シュウォーツマンがミスを連発し、
ブレークバックに成功。

しかし5―6の第12ゲームで
セットポイントを握られると、
最後はフォアがネットにかかって
ブレークを許し、このセットは
5―7で落とした。


第4セットは完全に錦織のペース。

第1ゲームをブレークして
波に乗ると第4ゲームからは
4ゲームを連取して6―1で
ものにし、3時間17分の
激闘にけりをつけた。


試合後、錦織は
「相手もタフで大変な試合でした。
出だし硬さもあったり、
ちょっとずつ自分のテニスを
取り戻して勝てたので、
すごいうれしい。

最後まで攻める気持ちを
持てたのが勝利につながった」
と振り返った。

自身の試合の前に、
女子の大坂なおみ(20=日清食品)が
初の4回戦進出を決めたことを
尋ねられると「(6―0、6―0は)
まさかのスコアでしたけど。

なおみちゃんが頑張っているのを
見ると励みになるので、
2人で上までいきたい」
と話した。




スポニチアネックス9/2(日) 9:39配信


最終更新:9/2(日) 11:19


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00000077-spnannex-spo


⇩⇩⇩⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
錦織、全米2年ぶり16強! ブログトップ