So-net無料ブログ作成
『U.S.A.』仕掛け人が明かす誕生秘話 ブログトップ

DA PUMP『U.S.A.』 仕掛け人が明かす誕生秘話 [『U.S.A.』仕掛け人が明かす誕生秘話]

DA PUMP『U.S.A.』
仕掛け人が明かす誕生秘話


DA PUMP『U.S.A.』.GIF
DA PUMP 1997年、m.c.A.Tが音楽プロデュースを
務めた『Feelin' Good -It's PARADISE-』でデビュー。
2008年に新メンバーが加わり、14年から
現在の7人体制で活動している(写真:浦田大作)


2018年6月にリリースされた
DA PUMPの『U.S.A.』が異例の
ヒットを続けている。

DA PUMPの新曲として、
1990年代のユーロビートの
カバーを決めたのは、
所属事務所
ライジングプロダクションの
社長である平哲夫氏だ。


同事務所は80年代に荻野目洋子、
90年代に安室奈美恵、
MAXなどユーロビートの
カバーを数多く世に放ってきた。


しかし、R&Bテイストを追求してきた
DA PUMPに今なぜ、ユーロビートを
選んだのか。平氏にインタビューした。


「実はISSAにちょっと故障があって、
一時期、若い頃よりも声が
落ちていたんです。


しっかりトレーニングし直すため、
シングルに時間がかかってしまいました。


次のシングルを考えたときには、
特に90年代にこだわらず、
ISSAの声に合い、
しっかり伝わるメロディーを
見つけなきゃいけないなと。


ユーロビートを選んだのは、
マイナーポップで日本人が
好きなメロディーの曲が多いと
思うからです。


ただ、楽曲によっては
レトロ過ぎるかなというものが
あって。


90年代に選んだ
ユーロビート曲との
違いは、簡単に言うと
哀愁すぎないこと。


昔は、マイナーコードの言うなれば
哀愁のあるメロディーが好かれたん
ですね。


でも時代とともに変化している。


MAXは全曲ユーロビートのアルバムが
100万枚くらい売れましたけど、
あの中からもう1回リメークし
直そうと考えると、
メロディーが哀愁すぎて
今の時代にはどうなのかなと
感じます。


一番変わるのは、トラックかも
しれないですね。


時代とともに当然トラックは
変わってきますから。


『U.S.A.』の方向性は基本的には
EDMです。


この10年ぐらいは、
しっかりしたメロディーの曲と、
ダンストラックがちょっと
離れていたと思うんですね。


EDMや最近のヒップホップなどの
ダンストラックにはメロディーが
必要じゃなくて、ボーカルが
必要ならラップでいい。


EDMで16ビートみたいなものに
若い人が慣れていたところに、
歌ものが来たというのも
あるような気がします。


17年の
『ダンシング・ヒーロー』
(荻野目洋子)も大きかったですね。

大阪の登美丘高校と
akaneコーチのおかげで、
32年前の楽曲も今の若い人たちに
受けるんだなと、
僕自身の1つの目安になりました」


『U.S.A.』を発表すると決めた際、
平氏はこのようなムーブメントに
なることを予想していたのだろうか。


「振り付けは彼らに任せたん
ですけど、曲については、
僕は自信がないものは出しません。

まして久しぶりのシングルですから、

最初から地味だなと思うものは
出さないですよね。

ISSAはあれだけの声を持っているし、
ダンスは一流の連中だからちゃんと
やればかっこいいわけですよ。


もちろんshungo.君の詞も
大事だと思います。

メロディー、歌、オケ、
そして歌詞がそろった曲です。


何でダサいなんて言われたか、
いまだによく分からないです
けれども(笑)、
ポピュラリティーという意味で
言ったら、確かにダサいかも
分からないですね。


すごくとんがった一部の人ではなくて、
ポピュラリティーなところを
狙っているわけですから。


ユーロビートや16ビートの曲は、
またDA PUMPかは分からないですけど、
やろうと思っています。

僕は、過去にそれで多くの
お客さんに楽しんでもらった
経験があるので、
またそういうことがあれば
うれしいなと思いますね」




(日経エンタテインメント!編集 羽田健治)

[日経エンタテインメント!
2018年9月号の記事を再構成]




NIKKEI STYLE9/23(日) 7:47配信


最終更新:9/23(日) 10:12


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180923-00000001-nikkeisty-musi


「EDM」= エレクトロニック・ダンス・ミュージック

DA PUMP 『U.S.A.』















nice!(0)  コメント(0) 
『U.S.A.』仕掛け人が明かす誕生秘話 ブログトップ