So-net無料ブログ作成
Pixel 3を日本に投入したグーグル ブログトップ

スマートフォン Pixel 3を日本に投入したグーグルの「用意周到」佐野正弘の“日本的”ケータイ論 [Pixel 3を日本に投入したグーグル]

スマートフォン Pixel 3を日本に投入した
グーグルの「用意周到」 
佐野正弘の“日本的”ケータイ論

Pixel 3を日本に投入したグーグル.GIF
11月1日、グーグルの最新機種「Pixel 3/3 XL」が
日本で発売される。かつてのNexusシリーズを
最後に新端末を日本で発売しなくなってから
2年余り、グーグルはなぜ、このタイミング
での発売に踏み切ったのか

グーグルは2018年10月10日、
自社開発したスマートフォン
「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」を
発表した。

Pixelシリーズは2016年から
米国などで販売されてきたが、
日本には投入されなかった。

なぜグーグルは、3代目に至って
ようやくPixelを日本で発売する
決断を下したのだろうか。


●Pixelシリーズの最新機種がついに日本上陸

かつては自社開発のスマートフォン
「Nexus」シリーズを日本市場で
販売していたグーグル。


だが2016年に発売された、
従来のNexusシリーズに代わる
新端末「Pixel」シリーズは、
日本市場には投入されなかった。


ところが2018年9月、
Pixelシリーズの新端末を
日本にも投入すると表明して以降、
グーグルは、それまでの沈黙が
うそだったかのように
プロモーションを積極化。


10月10日には、米国で発表された
ばかりの最新モデル「Pixel 3」
および「Pixel 3 XL」を
日本でも披露した。


Pixel 3/3 XLは、
それぞれ5.5型と6.3型の
有機ELを搭載するスマートフォン。


グーグルが自社開発した製品とあって、
最新のAndroid OSである
「Android 9」がいち早く
利用できる点は、Nexusシリーズと同様、
特徴の1つとなっている。

また、
AI(人工知能)、
AR(拡張現実)技術が
カメラ機能に取り入れられているのも
同社の端末らしい点と言えるだろう。


FeliCa採用から見えるグーグルの周到な準備


グーグルはなぜ、Pixelシリーズの
端末を日本市場に投入して
こなかったのか、
そしてなぜ、ここに至って
Pixel 3/3 XLを投入する
決断を下したのか。

そこには同社の周到な準備があった。

2016年に初代Pixelが発表された際に
日本での発売が見送られたのは、
当時日本語版が提供されていなかった
音声アシスタント
「Googleアシスタント」を
特徴としていたことが
原因とみられている。


その意味でPixel 3/3 XLは、
「Googleアシスタント」を
はじめとした機能やサービスの
日本語対応を進めてきたグーグルが、
満を持して日本市場に
送り込んだ端末と言える。


それを象徴しているのが、
海外版にはないFeliCa
(非接触ICカード技術方式)の採用だ。

このため日本で販売される
Pixel 3/3 XLは、
「おサイフケータイ」
「Google Pay」による
電子決済が可能になっている。


海外ではNFC
(ニア・フィールド・
コミュニケーション)を
用いた電子決済が主流だが、
日本では既にFeliCaが広く
使われている。


日本向けのPixel 3/3 XLであえて
FeliCaを採用したのは、
グーグル独自の決済サービス
「Google Pay」を普及させるため
考えていい。この点からも、
グーグルがPixelの日本進出に際して、
いかに周到な準備を整えていたことが
見て取れる。


日常生活にグーグルのサービスを


Pixel 3を日本に投入したグーグル-1.GIF


グーグルはPixelシリーズの
販売で何を狙っているのか。

それは、インターネット上
だけでなく、日常生活の
さまざまな場面にも同社の
サービスを浸透させていくことだ。


グーグルには、日本でも既に
販売されているスマートスピーカー
「Google Home」、さらに
Pixelシリーズを販売することで、

AI技術を活用した自社のサービスを
広めようとしているわけだ。


その意味では、ハードウエアと
サービスをセットで提供する、
アップルに近い戦略と言えるだろう。


もっとも、こうした戦略が
うまくいくとは限らない。


Pixel 3/3 XLはグーグルの
直販だけでなく、NTTドコモと
ソフトバンクからも販売されるので
販路の面では申し分ないが、
Pixelシリーズがユーザーに
選んでもらえるかどうかは別の話だ。


そもそもPixelシリーズは、
iPhoneや、サムスン電子の
Galaxyシリーズほど
明確なブランドを確立できていない。


また日本においては、
長らくグーグルの端末が
発売されなかったことから
ブランドの浸透には時間が
かかると筆者は見る。


グーグルには、Pixelシリーズの
ブランド力を高める戦略が
求められることになりそうだ。


著 者佐野 正弘(さの まさひろ) 
福島県出身、東北工業大学卒。
エンジニアとしてデジタルコンテンツの
開発を手がけた後、
携帯電話・モバイル専門の
ライターに転身。

現在では業界動向から
カルチャーに至るまで、
携帯電話に関連した幅広い
分野の執筆を手がける。




日経トレンディネット 10/18(木) 7:00配信

最終更新:10/18(木) 7:00



https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-20440291-trendy-bus_all&p=1

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-20440291-trendy-bus_all&p=2








nice!(0)  コメント(0) 
Pixel 3を日本に投入したグーグル ブログトップ