So-net無料ブログ作成
GACKT“高校生”役に動揺 ブログトップ

GACKT“高校生”役に動揺 最初はオファーを「即答で断った」映画『翔んで埼玉』 [GACKT“高校生”役に動揺]

GACKT“高校生”役に動揺
最初はオファーを
「即答で断った」
映画『翔んで埼玉』

GACKT“高校生”役.GIF
一度オファーを却下したと語ったGACKT =
映画『翔んで埼玉』ジャパンプレミア
(C)ORICON NewS inc.


歌手のGACKTが28日、
都内で行われた映画『翔んで埼玉』
(2月22日公開)ジャパンプレミアに
登壇した。


“埼玉ディスり”漫画を原作とした
同作で、帰国子女の高校生で
“隠れ埼玉県人”という
異色すぎるキャラクターを
演じたGACKTだが
「最初は、高校生という話聞いて、
即答で断った」と
舞台裏を明かして笑いを誘った。


同作は
「埼玉から東京に行くには
通行手形がいる!」

「埼玉県民はそこらへんの
草でも食わせておけ!」

「埼玉狩りだー!」など、
埼玉を卑下するような
“ディスり”せりふが
話題を呼んだ、

魔夜峰央氏が1982年に
発表した漫画を実写化。


埼玉県民が東京都民から
ひどい迫害を受け、
自由に東京の出入りする
こともできない架空の日本を
舞台に、東京屈指の名門校・
白鵬堂学院の生徒会長・
壇ノ浦百美(二階堂ふみ)が、
アメリカ帰りだが埼玉出身の
転校生・麻実麗(GACKT)と
出会うことで、埼玉を解放する
闘いに身を投じていくという
“茶番”全開なストーリー。


一度オファーを却下したGACKTだが
「そこから高校生と言っても
『特殊な高校生でして』と。

特殊な高校生ってどんな
高校生だよと思うじゃないですか。

で作品のことを知って」と
内容を理解し、オファーを快諾。


「撮影に入るんですけど
初日がキスシーンからだった。

なんて工程だと思ったんです」
と面食らいつつ
「その日は絢爛豪華な
セットだったので、
もしかしたら僕らの格好が
標準でスタッフの服が
おかしく見えてくる。

他の共演者達のメイクもすごくて、
入り口がそういう形だったので
いいスタートを切った」
と世界観に入り込んだことを明かした。


この日は二階堂、GACKTのほかにも
伊勢谷友介、ブラザートム、
島崎遥香、加藤諒、益若つばさ、
中尾彬、京本政樹、
武内英樹監督らが出席。


二階堂は
「今回本当に個性豊かな方々が
大集結していて、それぞれ
違う星をお持ちの方が
代表で地球にぶわ~って
集まって、ぶわ~って
帰っていったような現場だった。

自分が一番マトモだったと思います」
と主張すれば、

GACKTも
「僕自身が一番マトモだなって思ってた」
と対抗し、
『自分が一番マトモ』と
ほぼ全員が手を挙げる事態に…。


また、GACKTは初共演となった
“伝説の埼玉県人”
埼玉デューク役の京本の楽屋に
あいさつをしに行ったことを
振り返り
「『やっと会えたね!だってさ~!
同じジャンルじゃん!』って
言われたんです」
とちょっぴり不服そう。


「思わずでちゃったんですよ、
『同じですか~!?』って」と
異論を唱えるGACKTに、

京本は
「メイクさんが一緒で15年くらい
前からGACKTさんのことを
聞いてたんです。

でも15年会えなくて、
その間にどこに行っても
GACKTさんと比較されるんですよ。

『俺、還暦なんだけどな~』
って考えていて。

そういう意味だったんですよ」
とタジタジになりながら
説明していた。

映画『翔んで埼玉』.GIF

GACKT、高校生役でのキスシーンに動揺
「なんて工程だ」 映画『翔んで埼玉』
ジャパンプレミア in TOKYO


映画『翔んで埼玉』ジャパンプレミアに
登壇した(左上段から)武内英樹監督、
加藤諒、ブラザートム、島崎遥香、
益若つばさ
(左下段から)中尾彬、伊勢谷友介、
二階堂ふみ、GACKT、京本政樹
(C)ORICON NewS inc.


オリコン1/28(月) 19:32配信


最終更新:1/28(月) 21:12


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00000359-oric-ent



まさかのあの人も登場!? 映画『翔んで埼玉』
予告編 /2月22日(金)公開

















nice!(0)  コメント(0) 
GACKT“高校生”役に動揺 ブログトップ