So-net無料ブログ作成
玉木宏 40歳目前で感じる理想の男性像 ブログトップ

玉木宏「感じたことを素直に受け入れる人になりたい」 40歳目前で感じる理想の男性像 [玉木宏 40歳目前で感じる理想の男性像]

玉木宏「感じたことを素直に
受け入れる人になりたい」
40歳目前で感じる理想の男性像

玉木宏-1.GIF
撮影:尾藤能暢

多くの人が憧れる「イケメン」と
呼ばれる俳優たち。

彼らはなぜ「かっこいい」のか。

その演技論や仕事への
向き合い方から、
ルックスだけに由来しない
「カッコよさ」について考えたい――。


玉木宏さんは、
男子高校生青春モノの
代表格である
映画『ウォーターボーイズ』で
注目を集め、

その後『のだめカンタービレ』の
“千秋先輩”でその人気を
確固たるものにした。

現在では、恋愛ものから社会派作品まで、
幅広いジャンルで活躍している。

39歳の今、
「芸能人だからという甘えは捨てて、
きちんと生活して年相応に
見られることが説得力につながる」
と考えているという。

なぜそう思うようになったのか――。

  



――玉木さんが、世間に知られる
ことになったのは、
映画『ウォーターボーイズ』
(2001)だと思います。

この作品での役は、
いわゆる二枚目では
なかったですよね。

玉木 オーディションを
経ていただいたのが、
アフロ頭の役でした。

途中でボウズになるのですが、
当時は僕の知名度がなかったので、
アフロがなくなると
誰だかわからなくなるのではないか、
という話になって
「ホクロをつけたら?」と
矢口(史靖)監督が
アイデアを出されて。


映画が大ヒットして、
取材してもらう機会が増えたら、
作中と見た目があまりにも
違うので記者さんや
カメラマンさんに驚かれました。

その経緯をいつも説明するのが
大変でした。

――最初の大きな役は三枚目で、
そこから現在のような印象に
変わったのはどの作品でしたか?

玉木 やっぱり
ドラマ『のだめカンタービレ』
(06)ですね。

撮りながらリアルタイムで
反響を知ることができましたし、
それが活力になりました。



――当時、人気が過熱したと思います。
それはどう受け止めていましたか?

玉木 危機感は常に感じていました。

人気には波があって、
良い作品に出合えたら、
その時には認知が広がるけれど、

人は基本的に忘れやすいし、
新しいものにも目がいくものだと
思います。

20代の頃は、とにかく広く
認知されたいということを
一番に考えていましたし、
生き急いでいて、
同年代にライバル心を
持っていました。

ただ、認知されたら、
今度は
「このままではマズイのではないか」
と思うようになりました。

見た方が容姿を気に入って
くれても、それは変化して
いくものですから。


玉木宏-2.GIF

――そう思うようになってから
意識は変わりましたか?

玉木 人間力をつけたいと
思いました。

こうやってインタビューして
いただいたり、素の状態で
テレビに出たりするときに、
人間としての魅力もあるんだと
思ってもらえるようになりたかった。

女性のファンに応援して
もらうのはうれしいけれど、
同時に男性のファンが
欲しいとも思いました。

――もっと違ったファンを得るために、
これまでとは違う、たとえば
アウトローな役をやりたいと
いうようなことも考えましたか?

玉木 演じた役のイメージが
強くなるので、常にイメージが
固定しないようにしたいという
反発心はありました。

そうしないと、自分がひとつの
イメージで満足してしまうのではないか
という思いもあったんでしょうね。

「本来の自分はこうじゃないんだ」

「こういう役をやりたいんだ」

という欲を持っていないと
ダメだ、と。

常に、その前に演じた役と
対極のものをやりたいと
思いました。
もちろん、それがいつでも形に
なるわけではないのですが。


――現在放送中の主演ドラマ
『盤上のアルファ〜約束の将棋〜』
の冒頭で、玉木さん演じる
秋葉が社会部から異動を
命じられた際に
「勘違いうぬぼれ王子」と
上司に罵倒されるシーンが
ありますよね。

「王子」が悪口になるのが
おもしろいな、と思いました。

玉木 確かに、余計、
皮肉に感じますね。

――玉木さん自身も「王子」と
呼ばれることは多かったん
じゃないでしょうか。


玉木 『のだめ』のときは
よく言われましたが、
最近はないですね。

実際の自分にはまったく
王子っぽさがないので、
当時は恥ずかしかったです。


――今作でバディ的関係を演じる
上地雄輔さんとは、若手時代から
交流が深かったそうですね。


玉木 20代の頃は学園ドラマが多くて、
そういう作品に出ている俳優たちが
友人を介して集まっていて、

その中で上地くんともよく
遊んでいました。

当時は、みんなバイトを
しながら俳優をやっていて、
目標はあるけど形に
できない気持ちを語り合ったり、

「こいつがこれだけ頑張って
いるんだから、自分もやらないと」
と刺激を受けたかったりしたのだと
思います。

――上地さんは今作の記者会見で、
玉木さんのほうが先に
バイト生活を抜けたと
おっしゃっていました。

玉木 そうですね。

僕に限らず、だんだん仕事が
忙しくなって遊びに来なくなったり、
お互いに連絡を取らない時期も
あったりしました。

だけど今でも再会すれば
その頃と同じ感覚でつきあえる。

そんな仲間がいるのは
いいことですね。


――やっぱり、同年代の俳優仲間との
共演はうれしいものですか?

玉木 同年代の女優さんと
仕事することはたくさんありますが、
俳優同士で肩を並べて
撮影する機会は大河ドラマを除くと
ほぼないので、それはうれしいです。


30歳という年齢を機に俳優の道を
辞めていく人もいて、仲間が少なく
なっていっているのも確かなんです。

そんな中で、20代の頃に一緒にいた
上地くんとバディ役を演じられるのは、
貴重なこと。

30代になって、焦らなくなったことで、
それぞれの個性が出てきたことも
よかったのだと思います。


――玉木さんは、
今の自分の個性とはなんだと
思いますか?

玉木 以前よりはマイペースに
なったけれど、どうあるべきかは
まだ模索しています。


もがき続けることに
意味があると思うし、
40歳を目前にして、
これからも面白い作品に
出合うたびに変化して
いかないといけない。

加えて、
「芸能人だから」と甘えず、
当たり前のことを身に着けて、
年相応にみられることが
演技の説得力につながると
思っています。

そのためにも、日々、
中身を変化させていかないと……。


――『あさが来た』に続いて、
今作でも近藤正臣さんと
共演されていますが、
やはり大先輩から
学ぶところは大きいですか?

玉木 関西にいるときは
「ご自宅に寄っていいですか?」
と連絡するくらい、
朝ドラ後も仲良くさせて
いただいています。

何を相談しても、
近藤さんはニュートラルに
きちっと答えて、
受け入れてくださる。

経験があるからこそのことで、
近藤さんのような大人に
なりたいと思います。

玉木宏-3.GIF


―― 一方で、40代を目前にして
後輩も増えてきました。

玉木 今の若い俳優はすごく
うまいなと思います。

誰とやってもそう思うし、
不器用な人がいない。

ひょうひょうとしていて、
物おじしないんです。

僕らのときは、自分も含めて
もっとできなかったし、
大先輩を目の前にすると
萎縮して力が出ないことも
ありましたけど、
そういうところがない。


――飲みに連れていってあげたり、
相談に乗ったりもありますか?


玉木 相談されないし、
飲みも平気で断られます(笑)。

はっきりしているな、と。
でも、それが時代なんでしょうね。

――逆に同年代の上地さんには、
現場で靴を隠したり、
イタズラしたりしていると
聞きましたが(笑)。


玉木 上地くんが言っていることを
真に受けると、僕だけがやっている
みたいですけど、
ちょっかいをかけられて
仕返しをしただけですから(笑)。

でも、近藤さんにしても、
今回共演している石橋蓮司さんにしても、

達観しているところもありますけど、
やっぱり童心を持っているんです。

だから、そのままでもいいところは
いいんだなと思えて、安心します。


――最後に、玉木さんが思う
「かっこよさ」とは何か、
それをどう体現したいと思うか、
教えてください。

玉木 感じたことを素直に受け入れて
前に進む人になりたいと思っています。

それはもちろん芝居にも通じる話で、

普段、何を思って生活しているかが
にじみ出てくる。

やっぱり、表面的なことでは
ないと思うんです。

リアリティーのある芝居にしても、
ファンタジー作品にしても、
説得力のあるアプローチを
するには、普段の生活が
安定していないと力が
生まれないと思います。


以前は無理に
「こういう人と仲良くしよう」
と思うときもありましたが、
素直に生きていれば、
同じ方向を向いている人が
自然と周りに集まってくるんだと
最近は思います。

玉木宏-4.GIF


玉木宏(たまき・ひろし)

1980年1月14日生まれ。愛知県出身。
98年に俳優デビューし、
映画『ウォーターボーイズ』で
注目を集める。

NHK連続テレビ小説『こころ』、
映画『ただ、君を愛してる』
などに出演したのち、

06年にドラマ『のだめカンタービレ』で
一躍人気に。

公開待機作に映画『空母いぶき』がある。

    

ドラマ『盤上のアルファ~約束の将棋~』

原作:塩田武士 脚本:山岡潤平 
出演:玉木宏、比嘉愛未、上地雄輔、
石橋蓮司、近藤正臣ほか 
NHK BSプレミアムにて、
毎週日曜22:00から放送中。

社会部のエース記者だった
秋葉(玉木)は、
突如文化部への異動を命じられ、
将棋担当になる。

将棋の世界を全く知らなかった
秋葉だが、一度は挫折するも
33歳で再びプロ棋士を目指す
真田(上地)や、真田の元師匠の
千田九段(近藤)らを通じて
魅了されていく。

羽生善治九段をはじめ、
実際の棋士が各話に
ゲスト出演している。



(聞き手・西森路代 撮影・尾藤能暢 /
朝日新聞デジタル「&M」)


朝日新聞デジタル&[アンド]2019年2月15日


最終更新:2/16(土) 10:10


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190216-00010002-asahiand-ent










nice!(0)  コメント(0) 
玉木宏 40歳目前で感じる理想の男性像 ブログトップ