So-net無料ブログ作成
錦織 死闘制し辛勝で初戦突破 ブログトップ

錦織圭 死闘制し辛勝で初戦突破、大苦戦も6度目の3回戦進出<BNPパリバOP> [錦織 死闘制し辛勝で初戦突破]

錦織圭 死闘制し辛勝で初戦突破、
大苦戦も6度目の3回戦進出
<BNPパリバOP>

錦織 死闘制し辛勝で初戦突破.GIF
初戦突破を果たした錦織圭。
写真はブリスベン国際
[写真/ゲッティイメージズ]


BNPパリバ・オープン

男子テニスのBNPパリバ・オープン
(アメリカ/インディアンウェルズ
ハード、ATP1000)は10日、
シングルス2回戦が行われ、
第6シードは錦織圭が
世界ランク52位の
A・マナリノ(フランス)を

6-4,

4-6,

7-6 (7-4)

のフルセットで下して
辛くも初戦を突破し、
2017年以来2年ぶり
6度目の3回戦進出を果たした。

シード32選手は1回戦免除のため、
この日が初戦だった錦織は
マナリノから先にブレークし、
ゲームカウント3-1とリードする。


直後の第5ゲームはブレークバックを
許したが、
第10ゲームで強烈なリターンから
主導権を握った錦織がミスを
誘い出して再びブレークに成功、

3本目のセットポイントを
ものにして第1セットを先取。

第2セットはミスを重ねると
マナリノに第8ゲームから
3ゲームを連取され、
セットカウント1-1に
追いつかれる。

ファイナルセットに入ると
ゲームカウント1-3と
リードを許す苦しい展開に
追い込まれ、

第12ゲームではマナリノの
サービング・フォー・ザ・マッチ
を迎える。

ここから息を吹き返した
錦織がタイブレークを制し、
死闘の末に勝利した。

3回戦では、第28シードの
L・プイユ(フランス)と
世界ランク67位の
H・ホルカシュ(ポーランド)の
勝者と対戦する。


tennis365.net 3/11(月) 5:46配信

最終更新:3/11(月) 5:51


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00010002-tennisnet-spo
















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
錦織 死闘制し辛勝で初戦突破 ブログトップ