So-net無料ブログ作成
錦織 まさかの初戦敗退 ブログトップ

錦織圭まさかの初戦敗退「ベストではなかった」 勝者の世界44位を称賛<マイアミOP> [錦織 まさかの初戦敗退]

錦織圭 まさかの初戦敗退
「ベストではなかった」
勝者の世界44位を称賛
<マイアミOP>

錦織 まさかの初戦敗退.GIF
初戦で敗退した錦織圭。写真は全豪オープン
[写真/ゲッティイメージズ]

マイアミ・オープン

男子テニスのマイアミ・オープン
(アメリカ/マイアミ、ハード、
ATP1000)は22日、シングルス
2回戦が行われ、第5シードの
錦織圭は世界ランク44位の
D・ラヨビッチ(セルビア)に

6-2,

2-6,

3-6

の逆転で敗れ、初戦で姿を消した。


シード32選手は1回戦免除のため、
この日が初戦だった錦織は
第1セットを先取する
好スタートを切った。


しかし、第2セットの第3ゲームで
ブレークを許すと徐々に
ラヨビッチに流れが傾く。

ファイナルセットでは
第6ゲームから4ゲームを連取され、
1時間55分で初戦敗退となった。


男子プロテニス協会の
ATP公式サイトには
「彼(ラヨビッチ)は
第2・ファイナルセットで
レベルを上げ、ベースラインから
安定したプレーをし始めていた。

第1セットのようなミスを
あまりしなくなった。

サービスもよくなっていた」
と錦織のコメントが
掲載されている。

「自分はベストの
プレーではなかった。
今日は彼を称賛したい」


一方、勝利した
ラヨビッチは3回戦で、
第27シードのN・キリオス
(オーストラリア)と
予選から勝ち上がってきた
世界ランク131位の
A・ブブリク
(カザフスタン)の
勝者と対戦する。


tennis365.net 3/23(土) 4:53配信

最終更新:3/23(土) 4:53

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-00010005-tennisnet-spo













nice!(0)  コメント(0) 
錦織 まさかの初戦敗退 ブログトップ