So-net無料ブログ作成
中島健人「ピアノから逃れられない」 ブログトップ

Sexy Zone 中島健人「ピアノから逃れられない」宿命的アイドル [中島健人「ピアノから逃れられない」]

Sexy Zone 中島健人
「ピアノから逃れられない」
宿命的アイドル

ピアノを弾く中島健人.GIF
ドラマ「砂の器」制作発表でピアノを
弾く中島健人(左から3人目)と、
聴き入る(左から)野村周平、東山紀之、
1人おいて高嶋政伸

<ニッカンスポーツ・コム/
芸能番記者コラム>

Sexy Zone中島健人(25)が
フジテレビ系開局60周年
ドラマ「砂の器」
(28日午後7時57分放送)に
出演し、天才作曲家
和賀英良(わが・えいりょう)役に
挑戦する。

劇中では得意のピアノ演奏も披露。


「自分の人生で、ピアノは
いつも大きなターニングポイントで
必ず出てくるんです。

ピアノから逃れられない、
『宿命』なんですよ」と話す。


小2で、両親からのすすめで
ピアノを始めた。

中2の時に初めて1人で
発表会に臨み、
「モルダウの流れ」を披露した。

「初めて1人でステージに
立ったのがピアノの発表会でした」。

中3だった08年にジャニーズ
事務所入りした。

オーディションでは
ジャニー喜多川社長(87)から
「ピアノ弾けるんだよね、
弾いてみてよ」と言われ、
「モルダウの流れ」を弾いた。


「そんなに長くないし、
耳なじみのある曲だから
インパクトあると思って、
とっさに弾きました。

今では十八番ですね」。

ジャニー氏から
「ユーは、練習すれば
もっとうまくなるよ」
と言われ、ジャニーズ入りが
決まった。


11年にSexy Zoneの一員として
デビュー。

12年2月、グループ初の
単独コンサートを
東京国際フォーラムで開催した。

「ジャニーズJr.の時代には
ほとんどピアノを弾いて
こなかったのに、振付師の方から
唐突に『ピアノ、弾けるんだよね』
と言われて。

本番まで2週間くらい
だったんですけど、
急きょ、5曲くらいの
メドレーを弾くことに
なったんですよ」。


「親に『寝なさい』って
怒られるくらい」練習を重ねて、

ライブではデビュー曲

「Sexy Zone」や

「らいおんハート」

「ひとりぼっちのハブラシ」
などを次々と演奏した。

俳優業でも、
ピアノを弾く機会が出てきた。

16年2月の主演映画
「黒崎くんの言いなりに
なんてならない」や、

17年7月の主演映画
「心が叫びたがってるんだ。」、
どちらもピアノを弾くシーンが
あった。


「どちらも大事な作品になりました」。

そして、以前から
「いつか演じてみたい」
と公言していた「砂の器」の
和賀役にたどりついた。


数々の名優をはじめ、
04年のドラマでは
中居正広(46)も演じた大役だ。

「今回ばっかりは、
本当に真剣に、
今まで以上に本気で
向き合わないと勝てない、
と思いました」。


勝負の作品で、
またもや“あの曲”に
助けられた。

「試し撮りの時に、
監督から
『とりあえず何か弾いてみて』
と言われて、最近ポップス
しか弾いてなかったんですけど、
パッと思いついたのが
『モルダウの流れ』でした。

曲の難しい部分を
“和賀風”に
アレンジして弾いてみたんです。

やっぱりモルダウに救われました」
と笑った。

劇中では、
ストーリー上のオリジナル曲
「宿命」に挑戦する。

「今回出会った『宿命』は、
第2次中島健人の十八番に
なるんじゃないかなと思います」。

アイドルとして俳優として、
ピアノを武器に、
ピアノに助けられながら、
人々を魅了していく。
【横山慧】



日刊スポーツ3/24(日) 5:00配信

最終更新:3/24(日) 9:05


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-03220002-nksports-ent













nice!(0)  コメント(0) 
中島健人「ピアノから逃れられない」 ブログトップ