So-net無料ブログ作成
乃木坂46・白石麻衣、グループ卒業は ブログトップ

乃木坂46・白石麻衣、グループ卒業は「タイミングかな」…独自のセンター論も明かした [乃木坂46・白石麻衣、グループ卒業は]

乃木坂46・白石麻衣、
グループ卒業は「タイミングかな」
独自のセンター論も明かした

白石麻衣、グループ卒業は-1.GIF
ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」で
下ネタも平気なやさぐれ感たっぷりの
教師役に挑戦する白石麻衣

乃木坂46の白石麻衣(26)が出演する
日本テレビ系ドラマ
「俺のスカート、どこ行った?」
(土曜・後10時)が20日にスタートする。
白石は赴任2年目の世界史教師役。


下ネタも平気なやさぐれ感
たっぷりの役どころで
「みなさんがイメージしている
私と違った一面を見せたい」
と意欲を見せた。

乃木坂46が結成されて9年目。

「センターでなくても
自分のできる役目を果たしたい」と
グループ第一を念頭にした上で、
独自のセンター論を披露。


また、グループを引っ張ってきた
1期生が続々卒業している中、
自身については
「卒業はタイミングかな」と話した。

(ペン・国分 敦、カメラ・小泉 洋樹)


ドラマは古田新太が演じるゲイで
女装趣味の教師が
「ダイバーシティ」構想を掲げた
私立高校に赴任し、独自の接し方で
学生の悩みや問題を解決する
痛快学園エンターテインメント。

そこで白石は

「ぽこち〇」

「でか〇ん」

など下ネタも平気で言う、
少々ぶっ飛び気味の教師として
登場する。

「先生役って初めてです。
やってみたいとかの願望は
そこまでなかったんですけど、

実際に私は26歳だから先生で
いてもおかしくない
年齢なんですよね。

ちょっとでも先生らしく
演じられるようには
心掛けているんですけど、

けっこうやさぐれている
教師で始業式の日に
居眠りしていたり、
刺激的な台詞(せりふ)を言ったり。

(下ネタの)台詞を言うことに
抵抗はないですが、私が通ってきた
ごく普通の先生とはまったく違いますね」


―優等生のイメージを払拭する役だが。

「う~ん、いろんな人から
真面目というイメージを
持たれがちですけど…。

グループでの役割みたいなところから
そう見られるのでしょうか。

自分自身はもうちょっとはじけた
タイプだと思います。

今回、自分の思っていることを
出し切ってやるつもりですけど、

ファンの方もそうでない人も、
こんな一面もあるんだと
思ってもらえるような
演技ができたらと。

ぶっ飛んだんじゃないですけど、
何か気になるような先生で
いたいです」


今や歌やCM、ドラマなどで活躍。

白石麻衣、グループ卒業は.GIF
「俺のスカート、どこ行った?」で教師役を
熱演する白石麻衣
(右は阿久津仁愛=日本テレビ提供)


日本のエンターテインメント界の
一線を走っているが、
学生時代は芸能界に
興味はなかったという。


「高校の時、音楽への興味は
ありましたが、芸能界に
入りたい気持ちはなかったです。

音楽の専門学校に行って
先生に乃木坂のオーディションを
紹介してもらって
『一つの経験として受けてみよう』
というノリでしたから、
受かった時は焦りました。

でも(デビューするまで)何回も
やめたい、やりたくないという
気持ちはありました。

夜中までミュージックビデオ撮って、
次の日は早朝からジャケ写撮りとか。

今までと全然違う生活リズムになって、
若干のストレスだったり不安とか、
この先どうしたらいいんだろうって。

まだグループの色も何もついていない、
楽曲もない。

どうやって(グループを)作って
いくんだろうと深く考えた時に
『あんまり続けられないかも』と
いう気持ちにもなりました」


―乗り越えられたのはなぜ。


「一番は一緒に活動している1期生の
メンバーがいたからですね。

楽しい時やつらい時をみんなで
共有して乗り越えてきましたから。

でも(グループが)“イケそう”と
思ったのは最近ですよ。

一昨年の東京ドーム公演からで
『ドームという大きな箱で
できるようになった』って。

大きく成長を感じたのはその時です。

ドームは楽しかったな~。

広い会場の上までぎっしりサイリウム
(発光ライト)が見える。

あの景色は忘れられません」


デビューからメインメンバー
“七福神”に選ばれ続け、
6枚目のシングル
「ガールズルール」では
センターを射止めた。

だが、次作で外れることに…。

「正直、そこに立とうとは
思わなかったですし、
選ばれた時は『どうしよう』って
不安でいっぱいでした。

生駒(里奈)ちゃんがそれまで
5作連続センターをやっているのを
見ていて、重圧やいろいろ背負う
ものがあるポジションだなと
思っていましたから…。

乃木坂の子って私だけじゃなく
『私、絶対センター立ちたいんだ』
って思う子がビックリする
ぐらいいなくて、それが乃木坂の色
というか良さかもしれません。

7作目に外れた時はホッとした
というより戸惑いがありました。

入ってきたばかりの
2期生の堀(未央奈)ちゃんが
センターで
『入ってきてすぐに
センターに立つんだ』みたいな、

正直ちょっと複雑な感情はありました。

そんな思いも、センターの
子を支えるというか隣になる
ポジションが多かったので、

徐々に背中を押して
あげられるようになりました」



チームを引っ張ってきた白石には
自らが考える「センター論」がある。


「私もセンターに立ってから
周りが見えてグループのことを
より考えるようになれたので、
センターっていろんな子が
経験した方がいいと思います。

それに楽曲にもよりますが、
センターに立つ子でグループの
雰囲気も全然変わるんですね。

私の最初のセンターでは
盛り上がるような曲だったので
元気な感じを出すと、
周りの選抜の子もそれに
常についてきてくれました。

いい例で言うと、
西野(七瀬)がセンターに立った
『気づいたら片想い』の時、
楽曲もすごいはかない感じでしたが、

どこか守ってあげたくなる
ような雰囲気を西野が出して、
それがメンバーに伝わり、
そこで『乃木坂ってはかない』
というイメージがついたと思います」


昨年は生駒をはじめ斎藤ちはる、
若月佑美ら多くの1期生が卒業。

特に盟友・西野がグループを
去ったショックは大きかったようだ。


「1期生がいなくなると
さみしさは残りますけど、
その子たちがいてくれた
おかげで今の乃木坂がある
ワケです。

新しい子が入ってきて、
またグループも力をつけられる
時代になってきているのかとは
思いますね。

西野の時はそういう(卒業の)
話もしていたので覚悟は
していました。

そろそろだなって。

いつも隣でシンメ(トリー)に
なることも多かったりして
一緒に頑張ってきたので、
どうしても(いなくなって)
最初の頃は、今もちょっと
そう思いますけど、
どこかさみしい…。

でも、彼女の新しい道を
応援したいと思っています」


―自分の卒業についてはどう考える。


「卒業はタイミングかなとかは
思いますね。

はっきりとは私も分からないと
しか言えないんですが、
そろそろという時が絶対に来ると
思います。

『私グループで全てやりきった』とか

『乃木坂には私がいなくても
大丈夫だな』という時期が
来たら卒業かなと思います。

それから先ですか? 

あまりゴール地点を決めていなくて、
やりたいことができたらいいなとか、
今が楽しかったらいいかなって。

私けっこう軽い感じなので」

クールビューティーは
仮の姿なんだろう。

グループを背負う責任から
解き放たれた時、
彼女の真の魅力がはじけるはずだ。



◆欅

妹分の欅坂46の存在はいい
刺激になっているようだ。


「欅ちゃんとは全然グループの
色が違います。

同じ坂道グループで妹分にはなると
思うんですけど、私たちとは全然、
方向性も違っていて向こうは
かっこいい楽曲も多いですよね。

でも、いい刺激にはなっていますね。

欅ちゃんを見ていて
『パフォーマンスかっこいいな』
とか『すごいなダンス』って
思いますけど、
乃木坂はそこじゃない。

私たちは乃木坂らしさを
出していけたらと思っています」


◆素

―素に戻れる時は。


「私、結構このまんまって言われます。
お仕事なので切り替えはありますが、
基本的な感じは変わんないです。

だからあまり疲れたとかも思わないし、
メンバーといる時とか楽屋では、
ちょっとうるさいのかなというぐらい。

お仕事も好きですし、
それ以外は料理ですね。

家でご飯を作っている時はすごい
ゆったり時間が流れている
感じがするので落ち着きます。

手間をかける料理が好きですね。

時間がある時には大好きな
豚の角煮を作ったりします。

普通の鍋で4時間ぐらい
煮込みます。

ストレス解消にもなります。

時間があったら調理師免許とか
欲しいとは思いますが、
今は時間がなかなかないので…」


◆仲

乃木坂46のメンバーは、
どこか一歩引いたおとなしさがあり、
女性グループ特有の悩みはないそうだ。

「乃木坂には難しい人間関係は
ないです。

すごい言われるんですよ。

『実際は仲悪いんじゃないの?』って。

でも本当に仲が良くて、
みんなで支え合いながら
やっている感じです。

それは昔から変わらなくて、
みんなの空気感が似ているのも
あるんでしょうかね。

乃木坂に入った時に1期生の子に
『何で入ってきたの』って聞くと
『アイドルになりたくて入ってきた』
って子は少なくて、親とか友達が
応募したという子が多くて
ガツガツした感じはないですね。

初めて顔を見た時に同じ空気感を
感じてやれそうな気がしたし、

そんな雰囲気があったから
今までにない新しいグループ像が
できたのかなと感じます」


◆白石 麻衣(しらいし・まい)
1992年8月20日、群馬県生まれ。26歳。

2011年に乃木坂46の
1期生オーディションに合格し
暫定選抜メンバーに選ばれる。

12年2月に
「ぐるぐるカーテン」でCDデビュー。

同年「Girls Award」で
西野七瀬とともにモデルデビュー。

13年雑誌「Ray」の専属モデルに。

6枚目のシングル
「ガールズルール」で
初のセンターを務める。

同年「劇場版 BAD BOYS 
J―最後に守るもの―」で女優デビュー。

17年発売の写真集「パスポート」は
24万部と、女性タレントのソロ写真集では
今世紀最多部数を記録。

昨年はCM起用18社で男女総合トップに
輝いた。

身長162センチ、血液型A。




スポーツ報知4/13(土) 14:01配信

最終更新:4/13(土) 14:01


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-00010005-spht-ent&p=1
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-00010005-spht-ent&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-00010005-spht-ent&p=3
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-00010005-spht-ent&p=4
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-00010005-spht-ent&p=5













nice!(0)  コメント(0) 
乃木坂46・白石麻衣、グループ卒業は ブログトップ