So-net無料ブログ作成
錦織 絶体絶命から全仏8強 ブログトップ

錦織圭 絶体絶命から全仏8強、2日がかりの死闘制す。ナダルとの準々決勝へ<男子テニス> [錦織 絶体絶命から全仏8強]

錦織圭 絶体絶命から全仏8強、
2日がかりの死闘制す。
ナダルとの準々決勝へ
<男子テニス>

錦織 絶体絶命から全仏8強.GIF
死闘を制し、ベスト8進出を果たした
錦織圭[写真/ゲッティイメージズ]

全仏オープン

テニスの全仏オープン
(フランス/パリ、レッドクレー、
グランドスラム)は3日、
男子シングルス4回戦が行われ、
第7シードの錦織圭が
世界ランク38位のB・ペール
(フランス)との2日がかりの
死闘を

6-2,

6-7 (8-10),

6-2,

6-7 (8-10),

7-5

のフルセットで制し、
2017年以来2年ぶり3度目の
ベスト8進出を果たした。

この試合は前日に行われたが、
錦織からセットカウント
2-1の時点で日没順延と
なっていた。


再開後、第3ゲームで錦織は
序盤からペールの攻撃的な
リターンに攻められて
ブレークされる。

その後も錦織が放った
ストロークが際どい判定の末に
アウトになるなど劣勢が続く。

息を吹き返した錦織は
タイブレークへ持ち込むも
セットカウント2-2に
追いつかれる。

ファイナルセットは
ゲームカウント1-4と
リードを許し、

第9ゲームではペールの
サービング・フォー・ザ・マッチを
迎える。

この絶体絶命の状況から強烈な
リターンを決めるなどで
4ゲーム連取の猛攻を見せ、
勝利を手にした。


準々決勝では、
第2シードのR・ナダル(スペイン)と
対戦する。

ナダルは世界ランク78位の
J・ロンデロ(アルゼンチン)を
下しての勝ち上がり。


tennis365.net 6/3(月) 21:35配信



最終更新:6/3(月) 21:39

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00010018-tennisnet-spo










nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
錦織 絶体絶命から全仏8強 ブログトップ